Stiskněte současně tlačítko pro snížení hlasitosti a vypínač

多くのユーザーは、携帯電話に感嘆符が付いた大きな赤い三角形を見るとパニックになります。 このようなものに常に遭遇するとは限らないので、これは理解できます。 しかし、心配する必要はありません! この記事では、死んだAndroidを赤い三角形で修正するための6つの最良の方法について説明します。 また、それが何であるか、およびそれに関する他の一般的な質問についても話します。

はじめましょう!

赤い三角形の死んだAndroidはどういう意味ですか?

この図は、再起動しようとしたときに携帯電話に表示されます。 これは、三角形の内側の大きな赤い感嘆符の下にある、死んだAndroidロボットの写真を示しています。

多くのユーザーは、このイラストを見るとパニックに陥る傾向があります。 彼らは自分の電話を壊したと思う傾向があります。 しかし実際には、これが意味するのは、電話が再起動しようとしているか、リカバリモードに入っていることです。

この問題は、いくつかの手順で簡単に修正できます。 赤い三角形で死んだアンドロイドを修正する方法について6つの方法を議論します。

赤い三角形で死んだAndroidを修正する方法

方法1:電話を再起動します

すべての技術的な問題に対する古典的な解決策として、何よりもまずデバイスを再起動することから始めます。 この問題は、一時的な不具合またはバグが原因である可能性があります。 デバイスを再起動すると、一時的な問題である場合に問題を解決するのに役立ちます。

方法2:セーフモードに入る

ブートシーケンスで処理しているためにこのエラーが発生した場合、セーフモードに入ることが問題を解決する1つの方法です。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. 電源ボタンと音量小ボタンを押し続けます。 これにより、デバイスが強制的にシャットダウンされ、再起動されます。
音量小ボタンと電源ボタンを同時に押します
  1. 画面に起動記号が表示されたら、電源ボタンを離すことができますが、音量小ボタンを離さないでください。 オペレーティングシステムが完全にロードされたら、音量小ボタンを放すことができます。
  2. 上記の手順を完了すると、セーフモードに入るはずです。 画面の下部に「タグ」が表示されている場合は、これを確認できます。 Safe mode. セーフモードに入ったことを確認するもう1つの方法は、すべてのサードパーティアプリケーションが灰色になることです。 これは、それらを使用できないことを意味します。
セーフモードに入るのは、赤い三角形で死んだAndroidを修正する方法の簡単な方法です
A Safe mode セーフモードになると、画面の下部にが表示されます。
  1. セーフモードを終了するには、電話を再起動するだけです。

方法3:デバイスからキャッシュを削除する

デバイスにデータとキャッシュファイルが多すぎるために、この問題が発生することがあります。 一部のユーザーは、一時ファイルを削除してキャッシュをクリアすることを日常的にしていません。 これにより、デバイスの速度が低下し、この問題が発生する可能性があります。

これを行うには、以下の手順に従います。

  1. 電源ボタンと音量小ボタンを押し続けます。 電話が振動するのを感じるまで待ちます。 これにより、電話がリカバリモードに入ることが通知されます。
音量小ボタンと電源ボタンを同時に押します
音量小ボタンと電源ボタンを同時に押します
  1. 画面が読み込まれ、複数のオプションが表示されます。 移動するには、音量大ボタンと音量小ボタンを使用します。[キャッシュパーティションのワイプ]オプションに移動し、電源ボタンを押してアクションを確認します。
電源ボタンを押して、キャッシュパーティションのワイプを選択します
電源ボタンを押して、キャッシュパーティションのワイプを選択します
  1. プロセスが完了するまで待ちます。 その後、Androidスマートフォンを再起動するだけで、準備完了です。

方法4:携帯電話のバッテリーを取り外す

この方法は主に、バッテリーがまだ取り外し可能な古いバージョンのAndroid用です。 バッテリーを取り外すには、次の3つの簡単な手順を実行します。

  1. 電話機の背面カバーを取り外します。 カバーが半分に折れないように、この手順をゆっくりと行ってください。
  2. バッテリーを取り出したら、元に戻すだけです。
  3. 電話のカバーを元に戻した後、デバイスの再起動に進みます。

通常、このプロセスは問題の解決に役立ちます。 そうでない場合は、次の方法に進んで、それがうまくいくかどうかを確認できます。

方法5:Androidフォンを工場出荷時にリセットする

これは、赤い三角形で死んだアンドロイドを修正する方法を検討しているときに考慮すべき最後のオプションの1つです。 工場出荷時のリセットでは、すべてのデータと個人情報が携帯電話から削除されます。 データをバックアップしていない場合は、最初に工場出荷時のリセットを続行することを検討することをお勧めします。

工場出荷時のリセットを続行することにした場合は、次の手順に従うことができます。

  1. 電源ボタンと音量小ボタンを押し続けます。 これにより、電話が強制的にシャットダウンされます。
音量小ボタンと電源ボタンを同時に押します
音量小ボタンと電源ボタンを同時に押します
  1. しばらくすると、スマートフォンが振動します。 これは、電話がリカバリモードに入るということを示しています。 これで、電話に複数のオプションが表示されます。
  2. 移動するには、音量大ボタンと音量小ボタンを使用します。 電源ボタンを押してアクションを確認し、ファクトリリセットオプションを選択します。
電源ボタンを押して、データのワイプ/ファクトリリセットを選択します
電源ボタンを押して、データのワイプ/ファクトリリセットを選択します

この場合も、このプロセスによりすべてのデータと個人情報が消去されます。 まだバックアップしていない重要なデータがある場合は、工場出荷時のリセットを続行することはお勧めしません。

方法6:最寄りのサービスセンターに連絡するか、移動します

これは、前に説明したすべての方法で何も機能しない場合に実行する必要がある最後の方法です。 他のすべてが失敗したとき、それは専門家に行って助けを求める時です。

サービスセンターがあなたの世話をします Androidのニーズ。 あなたがしなければならないのは、グーグルで素早く検索して最寄りのサービスセンターを見つけることだけです。

いつ専門家に問題を処理させるかを知ることは、あなたが思っているよりも多くのお金を節約するでしょう。 あなたの電話をサービスセンターで修理するのに多くの費用がかかるかもしれません。 しかし、自分で解決しようとして携帯電話に損傷を与えた場合、それを修正するためにより多くの費用がかかる可能性があります。

よくある質問

このエラーの影響を受ける電話はどれですか?

すべてのAndroidデバイスがこのエラーの影響を受ける可能性があります。 特定のブランドの電話に限定されません。 携帯電話がAndroidで動作している限り、この問題が発生する可能性があります。

Androidシステムの回復とは何ですか?

これは、デバイスのハードウェアとソフトウェアの間のミドルウェアと考えることができます。 この機能を使用すると、設定にアクセスしたり、完全に電源を入れたりしなくても、機能を実行できます。 これらの機能の一部には、システムの更新、キャッシュパーティションのクリア、および工場出荷時のリセットが含まれます。

Androidフォンがリカバリで起動しない場合はどうすればよいですか?

この場合、問題はハードウェアにある可能性があります。 残念ながら、Androidスマートフォンを扱う専門家でない場合、自分でできることはあまりありません。 この場合は、認定されたサービスセンターにデバイスを持ち込むのが最善です。

最後に考え

大きな赤い感嘆符と赤い三角形を見ると、恐ろしいように見えるかもしれません。 結局のところ、それはあなたが毎日遭遇するものではありません。 死んだAndroidロボットのイラストも、落ち着きを感じさせるのに役立ちません。 ただし、これは、デバイスが再起動しようとしていることを意味するだけです。 それはパニックを引き起こすはずのものではありません。

赤い三角形で死んだAndroidを修正する方法を学ぶことは、この問題を解決するのに役立ちます。 上で説明したように、これを行うには6つの方法があります。 要約すると、これを行う方法は次のとおりです。

方法1:電話を再起動します

方法1:電話を再起動します

方法3:デバイスからキャッシュを削除する

方法4:携帯電話のバッテリーを取り外す

方法5:Androidフォンを工場出荷時にリセットする

方法6:最寄りのサービスセンターに連絡するか、移動します

この問題を解決する他の方法を知っていますか? これについてのご意見・ご感想をお聞かせください。